TOP

上司からも、部下からも

評価される

「すご腕医療経営参謀」

になる方法

期間限定公開

mision

コンサルティングを通じて医療経営人材を育成し、自力で病院経営V字回復できる組織作りを応援する。

※「すご腕」

  1. リーダーとしての「あり方」が確立し揺るぎない自信が持てる(セルフイメージの再構築)
  2. 相手が自ら気づいて勝手に動き出す「対話の型」を持っている 。
  3. 人を動かす経営数字力でコミュニケーションの質を向上させる力を持っている。

 

30年にわたる病院勤務でICU部長、看護部長、副院長、事務局長を経験し、

多くの病院を経営危機から救ってきた

「病院再生コンサルタント」が教える

「あなたなら年収1200万円払っても惜しくない」と評価される「すご腕医療経営マネージャーになる方法」をお伝えします。

こんなお悩みはありませんか?

  • スタッフは権利ばかり主張し、肝心なときは「上が決めてください」と言って責任回避する。
  • 自分の考えや行動を変えようと、たくさん学んできたが、マネージャーとしていつまでも自信が持てない。
  • 現場の気持ちもわかるが経営側の思いもわかるので、その狭間でストレスを感じている。
  • 経営数字がよくわからないので、医師の行動を促すための説得力が弱い。
  • 苦労ばかりで報われない。できれば今の役割から解放されたいと思っている。

※これらはすべて私自身が過去に体験したことです。くわしくは今後ブログやセミナーでお伝えしていきたいと思いますが、さまざまな経緯があったこれらを克服しました。その経験がきっと同じ悩みを持つ人たちのお役てると信じています。

大半の人が陥る3つの誤った解決パターン

典型的な
行動パターン1

自分の考え方や行動を変えようと、セミナーや研修、書籍などで知識、ノウハウを学び、様々な資格を取得する。

典型的な
行動パターン2

身を削りながらも、頑張って自分が率先して行動することで部下やスタッフに上司として背中を見せている。

典型的な
行動パターン3

スタッフに院内外の研修に参加させることによって、意識や行動が変わることを期待している。

このように、典型的な3つの行動パターンを紹介致しましたが、

残念な事実をお伝えします。実はこれでは問題を解決することができません。

では、どうしたらよいのでしょうか・・・

あらためまして、ここまでお読み頂きましてありがとうございます。

顕在化していない問題を言語化し「意識改革コンサルティング」「対話のスキル」による「人を動かす病院組織再生メソッド」で経営を改善する。「医療人材活性化プロデューサー」の杉浦鉄平です。

私は30年に渡る病院経験を経て、病院経営改善や経営層や管理者に特化した研修をやっています。

ここまで書いてきた話しというのは、実はかつての私そのものなのです。

病院時代私自身がこの行動パターンに陥り問題も解決できぬまま、時間とお金とエネルギーを

浪費して過ごしていました。

しかし、今の私の立場からは明確に断言できます。

この3つを繰り返していても問題は解決できません。

ではいったいどうすれば解決できるのでしょうか?

その秘密をこれから様々なテーマでお伝えしていきたいと思います。

 

 

これを知れば
医師や他部門、部下が
自分の望むように動いてくれるようになる!

秘伝の院内
コンサルティング術

「nbaプログラム」
を無料伝授!!

nbaプログラム

   N(nursing)
   B(business)
   A(all-in-one)

※NBAプログラムの一部を学んで頂けますが
ある程度のお申込があり次第、この無料キャンペーンは受付を停止いたします。

NBA教育の専門家が教える、医療専門職による病院経営とは

NBA教育とは巷にあふれるビジネススキルを病院経営に特化して理解し、再現しやすいように独自に構築したプログラムです。

従来病院で管理者研修を行っても、外部研修を受けても、理論や概念的な理解に終始し、職場で継続することができません。そんな悩みを解決する糸口をつかめる情報をブログやセミナーでお伝えしていきます。

医師は経営には無関心で 協力してくれないんです。
医師を動かすには 特有の心理属性や 思考の癖を理解し 相手のメリットを起点に アプローチします。 詳しくは下の記事を 参考にしてみてください
   
部下のモチベーション を上げるには どうすればよいですか?
部下も「モチベーションを 上げたい」そう思っています。 モチベーションを高めるための 「対話の型」をこちらのブログで 紹介しています。
         
病院経営改善の教科書
タイトルとURLをコピーしました