病院経営について

病院経営について

病院組織のチームマネジメント「チームの成長法則」とは?

病院組織のチームマネジメントは、4つの成長段階を経て成果を出す、タックマンモデルのフレームワークで考えると組織の構造的な問題がみえてきます。 病院組織のチームとグループに違い 病院の人と組織の問題を解決するための3つの視点は「人材力」「...
病院経営について

病院は赤字経営を根底から解決する、3つの視点とは

病院の赤字割合は近年4割を推移し、医療を取り巻く経営環境の厳しさを表しています。そんな中、経営改善策の論点も「戦略論」から「人」にシフトしてきています。なぜなら、どれだけ優れた戦略、優れた戦術、優れた制度があっても、成果は実行力と実践力で決...
病院経営について

院長の医師マネジメント力「院長がこの病院をどうしたいのかわからない」

院長の医師マネジメント力が問われています。医師の働き方改革が進まない中、医療現場では労務過多を招く方針転換により医師から不満の声が増加。それは「院長がこの病院をどうしたいのか、よくわからない」という声。理由は地域ニーズを理解せず場当たり的に...
病院経営について

ブレストで会議の生産性を格段にアップする方法

みなさんは病院でスタッフとどんな会議をしていますか?心掛けていることはありますか? 一口に「会議」といっても、その種類や内容、スタイルはさまざまです。 今日は企画会議で威力を発揮し、生産性を格段に高めるブレスト会議についてお話し...
病院経営について

医師を動かすコミュニケーション術 二回目

医師を動かすコミュニケーションのポイントはタレントマネジメント。医師とそれ以外の職種を同列で評価するのは難しく、医師は専門領域で存在意識を感じ、アピールできる環境を望んでいるので、どうやって乗らせるかがポイントになります。
病院経営について

医師を動かすコミュニケーション術 第一回

医師を動かすコミュニケーション術は病院の経営に関わる責任者にとって不可欠なスキル。 優れた戦略、優れた戦術、優れた制度があっても、成果は実行力と実践力次第だからです。特に医師が動かないと収益改善のインパクトは望めません。 医師は医師の言...
タイトルとURLをコピーしました