相手が気づいて勝手に動く対話術

相手が気づいて勝手に動く対話術

医師を動かすコミュニケーション術 三回目

医師を動かすコミュニケーション術の第三回は、院長が医師との面談でやるべき3つのルールについてお伝えします。 医師とのコミュニケーションは難しい? 医師とのコミュニケーションは難しい、そう感じていませんか? 思いやりや、やさしさのな...
相手が気づいて勝手に動く対話術

部下のモチベーションを高めるコミュニケーション術

最近、部下を叱りかたがわからない。 そんな上司が増えています。 「厳しいことを言ったら嫌われる」 「やめてしまったらどうしよう」 このような理由で叱ることをためらってしまうようです。 では嫌われずに部下のモチベ...
相手が気づいて勝手に動く対話術

人を動かすカリスマ性 「あいずち」のテクニック

人を動かすカリスマがもつ「あいずち」のテクニック あなたのイメージする「カリスマ」とはどんな人でしょう? 大物ロックスターかもしれない。時代の寵児と呼ばれる経営者かもしれない。プロスポーツのスター選手かもしれない。 私の周りに...
相手が気づいて勝手に動く対話術

人を動かす言葉とは?

言葉が世界を作る スポーツ界では今から試合が始まるロッカールームで、その本番に向かっていく選手に言う、激励のショートスピーチのことをペップトーク(PEP TALK)と呼んでいます。受験性に「すべる」とか「落ちる」という言葉を使わないのと同...
相手が気づいて勝手に動く対話術

コミュニケーションで納得と信頼を積み重ねる前置きトーク

コミュニケーションで納得と信頼を積み重ねるためのコツは前置きで目的を先に伝えておくこと。 先に言ってしまえば相手もそのつもりで心の準備をしてくれますが、後で言うと相手をがっかりさせたしまったり、不満や怒りを買っていまうことがあります。...
相手が気づいて勝手に動く対話術

相手が気づいて勝手に動く。教えないコンサルティング「質問力の極意」

叱ることと、問うことのむずかしさ 人を叱るというのは、とても難しいことではないでしょうか?頭ごなし叱っても人はやる気をなくすだけですし、こちらの話に理解、納得できなければ、反発を買うだけです。 社会に出て部下を持つと一番悩むのがこの...
タイトルとURLをコピーしました